記事一覧

これからの活動方針あれこれ(探してます)

音楽の制作を再開してだいたい1年半くらいが過ぎようとしてます。
2011年~2012年は、取り敢えず以前からやってたインスト曲や、楽曲づくりが一人で完結出来るボカロ曲を中心に作ってました。

これは、制作を再開してもいつまたモチベーションを落としてしまうか分からなかったので、なるべく人手を借りずに出来る媒体で制作をしようとした結果の選択なんですが、意外とテンションは下がる事なく2013年に入り、段々とモチベーションコントロールの方法も取り戻して来た感があるので、ボチボチ手を拡げてみたいと思い始めてます。

これとは裏腹にボーカロイドを使った制作は、今知り合ってお世話になっている制作者の人達とやる案件以外、今後あまり積極的に展開する事は無いと思います。
まぁ、今後も魅力的だと思えるような案件があって、ツールにボーカロイドの使用が指定されてた場合は別ですが、あれは良くも悪くも歌モノの制作が一人で出来てしまうツールなので幅が広がって行かない、今の自分のニーズとは少し方向性の異なるツールですね。

話を元に戻しますが、しかし差し当たって自分の音をどんなシーンに持って行けば良いのか全然分からないので、まずは以前からやりたかった事…音楽制作者として活動してるボーカリストさんとのコラボに取り組んでます。(※この件、Twitterで何気なく「やりたいなぁ」と仄めかした時に、背中を押してくれた人達がいらっしゃいました。すごく励みになったです。本当に有難うございました。)

現状はTwitterやSoundCloudで知り合ったボーカリストさんと組んで、完成1件、仕掛り1件の計2件が確定、もう1件予約が入ってます。

完成品↓


仕掛り(1コーラスだけのデモ)↓


どのプロジェクトも非常に満足度の高いコラボで、こういう曲作りは今後も継続してやって行きたいなぁと思ってます。

これとは別に今考えてるのは、自分の音を部品として提供できるようなプロジェクトに参加したいって事です。
つまり、サークルやユニットへの参加や楽曲提供みたいな形かな…。
形は色々あると思いますけど、例えば映像や小説なんかの世界観を補完する形でのサントラ/イメージ制作とか、ボーカルユニット曲の編曲とか。

俺は音やモチーフの好みってけっこうニッチでマイナーな物を追ってるきらいがあるので、かなり選り好みが激しいとは思うけれども。

そんな事を漠然と考えながら、昨日は色んなサークルやコラボの活動なんかを50組くらい見て回ってました。
しかしなかなかどうして、みんな楽しそうにやってるんだけど、募集はあっても活動頻度や実績が疎らだったり、趣旨が合わなかったり、趣旨は合いそうでも募集は無かったりで、総空振りという結果に。

自分で主催するにしても、マネジメントとか企画とか、広報としてのWEBデザイン、CDジャケットや各種頒布物のデザインなどなど不足してる物は数知れず、人の手を借りずにはとてもじゃないけど実現出来やしないなぁと。

自分のやりたい事が出来て、且つそれがチーム全体のやりたい事に貢献できるような、そんな人達と出会うのはなかなか難しいようです。
少し時間をかけて次のフィールドを見つけていく必要があるなと実感する今日この頃でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一譲 計

Author:一譲 計
FL使いのDTMer。テンションが上がると音圧が下がります。
空想的・幻想的なモチーフが好き。オーケストラを多用します。
デジタルお絵描き初心者です。2015年の暮れから練習を始めました。
楽曲はWebサイトからご案内しております。

banner