記事一覧

悠久の姉妹月 feat. 巡音ルカ ~裏話など~




ニコニコへの投稿はちょっと久しぶりな気がします(^v^;)。
「悠久の姉妹月」という楽曲を公開しました。
曲調はかなりオーケストラに振ったアレンジです。

PV、七歩さんが今回も絵と動画をものすごく頑張って下さいました。
元々七歩さんの絵は夜空の深みとか広がりとかっていう表現がとても好きなんですが、今回はテーマが『月』だったというのもあって、その深みのある青がふんだんに使われていて、物凄く俺得な企画になりました^^;。

俺とコラボするとどうも夜のモチーフが多くなりがちなんですけど、七歩さんの画風ってそれだけじゃなくて、ビビッドな色使いとかコケティッシュなモチーフとかも素敵な絵が沢山あるので、機会があれば他の絵も是非ご覧になって下さい。↓
七歩さんのPixivページ

制作の経緯です。

2012年に七歩さんと作った「星の水鏡」という楽曲がありました。
この曲は双子の姫神様の三角関係という背景設定を持つ空想曲なんですけど、今回の「悠久の姉妹月」という作品はこれの続編的な位置づけのものです。
企画段階では、「この三角関係にオチをつけよう」っていう所から色々と検討を始めました。

三角関係のオチの付け方なんてどんな風にしましょうか?っていうので、双子の姫神様が合体して月の神様に昇格して去って行きましたとかいうオチを考えついて、そこから音と映像を練ることに。
三角関係で渦中の人となってる男性(チーム内では「ヒコ君」と呼ばれてますが)は、今まで双子の姫神様(すごい美人という設定)に挟まれて両手に花だったのが一転して2人同時にフラれてどん底に落ちるという、ちょっとS入ったような筋書きです(笑)。

音にしても映像にしても、とにかくこの「合神」っていう現象をどうやって表現したら良いか悩みまして。
イメージ的には、何だか分からないけど「どひゃーっ!」っていう事象があって、「わっ!」って思って目を瞑って、辺りが静かになったみたいなので顔を上げてみたら、何ぞ見たこともないような月神様に見下されていた・・・というようなイメージで作りました。

パーカスはこないだ仕入れたEPIC系のパーカスを投入して、その上にオーケストラを載せました。
これはけっこうゴージャスな音になりましたね^^。

この曲は歌モノではなく、どちらかと言うとインスト曲です。ボーカルは乗ってますけど、歌がセンターではありません。

巡音ルカの声を作り込む時も、歌は「月神様の独り言」という位置づけなので、パッと聴いただけでは何を言ってるのか分からないように、作詞のさたこさんと相談しながら古語をベースに詞を作りました。
PVに表示するときは、それを口語訳したようなものを表示してはどうか、という事で、現在のような形にまとまってます。
途中で「ちゃんと聴き取りにくくなってるかどうか?」というのを確かめるために、「不枯の花の祈りて眠る」でボーカルをやって貰っているmanekoさんにモニタして頂いたりもしました。
PVで描く月神様の表情とか、詞とか音とか、とにかく全体的に「取っ付きにくい感じ」を出すように心がけた作品でした。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一譲 計

Author:一譲 計

空想的・幻想的なモチーフが好き。オーケストラを多用します。
デジタルお絵描き初心者です。2015年の暮れから練習を始めました。
楽曲はWebサイトからご案内しております。

banner
banner