記事一覧

なかなかmixというのは...

何百回もチェックしてOKと思っても、次の一作作ってから聴き返すとまた不満に思う。
そりゃある意味成長してるのかも知れないけど、何で一発で決められないのかって、たまにイヤになるよ。。

ってなわけで、最近じゃ一曲作っては過去曲2つ直してって感じで、なかなかレパートリーが増えません。

一時期、中低域~低域の扱い方が全く分からなくて課題にしてた時期がありました。
最近少し感覚が掴めて来たんですが、今度は高域をどれだけのバランスでブレンドすりゃいいのかって所でグラグラしてます。
高域は音の場の見通しを良くしたり、空間的な広がりを制御するのに必要な要素だけど、入れ過ぎると耳が痛いし、ノイズも目立つ。
相対的に低域が弱まれば安定感も損なわれるし。
この辺り、またリファレンスと聴き比べながらあだこだ試行錯誤するしかないね。
今週末のタスクはそれです。

ボカロ曲でそれやるんだけれども、あれは一度不可逆編集かけちゃってるので、最悪vsq→wave書き出しからやり直す必要がありますね。
ま、俗に言う「調声」という作業のフローも前とは違うプロセス踏んでる事だし、進行中のコラボは軒並み待ち状態なんで、時間は沢山あるんだけれども。。
ということで、一度すっぴんに戻してやり直す事にします。
対象は、少し前の記事で紹介した「夏の面影」です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一譲 計

Author:一譲 計
FL使いのDTMer。テンションが上がると音圧が下がります。
空想的・幻想的なモチーフが好き。オーケストラを多用します。
デジタルお絵描き初心者です。2015年の暮れから練習を始めました。
楽曲はWebサイトからご案内しております。

banner