記事一覧

3月の成果

巡音ルカ練習の過程

3月は、主にキャラ絵を練習してました。
題材にしたのは、僕にとって馴染みのあるボーカロイド、巡音ルカです。
人間を描く上で難しいと感じていたのが目と髪の表現だったので、そこを重点的に練習しました。約2週間、根を詰めて練習した結果、だいぶマシになった気がします。
4月は、ちょっと童話ちっくな空想絵を描こうとして、いま塗りを模索しているところ。

あと、manekoさんに待ってもらっている曲作りの方をいい加減進めないといけないので、この週末はまずボーカルに提示するデモ音源の作成を終わらせようかと(終わらないまでも、優先して進めます)。

DTMは、まぁあんまこういう言葉使いたくないけど、いわゆるスランプですね。「作るものが気に入らない」みたいな感じじゃなくて、作業しようと思うと条件反射的に眠くなります。
僕も初めは冗談かなーとか思ってたんだけど、最近これ何かおかしいんじゃないかと思うくらい、DAWの立ち上げと入れ替わりで意識が落ちます。
そんなわけで、特に平日深夜は1回の作業時間がDAW立ち上げてから意識が落ちるまでの30分くらいしか出来ない状況の中、騙し騙し少しずつ作業を進めてます。
純粋に寝不足だと思いたいんだけど、よく寝た休日の昼間でもこんな感じなので、まぁ。。春だからですかね。あんまり深く考えないようにします。

今取り組んでいるボーカル企画は、もともとオーケストラアレンジにもう少しテクノ要素を加えた音を作りたいと思って始めたやつなんですけど、作り方してる1作目の曲は、これまで同様トラディショナルなアレンジになります。この「トラディショナルなアレンジ」と言っている音作りが、2015年に得た僕にとっての最大の成果ですかね。
下に貼るのは2015年の11月に公開した「望郷の川辺」という楽曲ですけど、こういう路線のアレンジです(こっちはこっちで、いま動画作り方してます)。



出来上がると楽しい半面、作る手間はそれなりにかかっていて、毎回そこそこ苦しんでます。一昨年の暮れから去年にかけては特に負荷が高かったので、ちょっと無理しすぎたかなぁと反省。今年は少しペースを落として、リハビリ運転に努めようと思います。
現在アクティブな企画は、デモ音源の作り方をしているボーカルの企画と、先ほどの「望郷の川辺」の2つ。
あとは音楽以外のことをしながら、コンディションが戻るのを落ち着いて待ちたいと思います。


【追伸】
3/25のルカと3/30のルカの履歴の間に、実はもう1つこういう↓試作品が挟まってます。

隠れた試作品
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一譲 計

Author:一譲 計
FL使いのDTMer。テンションが上がると音圧が下がります。
空想的・幻想的なモチーフが好き。オーケストラを多用します。
デジタルお絵描き初心者です。2015年の暮れから練習を始めました。
楽曲はWebサイトからご案内しております。

banner