記事一覧

新作「The Ruby Red」の宣伝とイージーリスニングの音量感調整について



オリジナルとしては、今年初の公開です。
新曲公開しました。
タイトルに深い意味はないです。
フレーズ考えたとき、直感的に浮かんだタイトルがこれだったということで。
ここ2年ほど、設定とか色々と縛りを設けた曲作りをしてきたからか、曲を作るときに色々と理屈っぽいことを考えて行き詰まることが多くなってきました。
もう少し、意味だとか設定だとかどうでもいい、感覚重視の曲の作り方に戻してみようかなと。
逆にその手の「重たい」企画は、コラボ企画なんかで楽しんでいければと思います。

ようやく使えるようになったシンセ
前回の「だんご大家族」もそうですが、今回もオーケストラ音源はEastWest SymphonicOrchestra(EWSO)を使いました。
こないだは中帯域がうまく使えなくてやむを得ず部分的にKONTAKTを使ったんですけど、今回は全面的にEWSOを使って作りました(あ、ピアノ以外ね)。
ピアノは愛用のYAMAHA P-120です。

ホントは違う曲を作ってたんですけど、弦楽器のアンサンブルがどうしても上手くできなかったので、一つハードルを下げて弦楽器だけ練習しようという感じで作ったのがこの曲です。
まま、上手く音を出せたかと思います。
今後、オーケストラはこの音源をメインで使って、色々作っていければイイなと思ってます。
今年初めからアレンジに組み込む練習をし始めたEWSOですが、ようやく使えるようになってきた感。

マスタリングについて
「マスタリング」って言うとまたぞろマスタリング警察のひとがあだこだ言ってくるかも知れませんが、書きたいのは音の仕上げ工程で行う音量感の調整についてです。

TheRubyRed
↑この楽曲の波形です。
見てお分かりのように、この曲の波形は振幅いっぱい使い切っていません。
マスタリングではシグナルフロー上にコンプ・リミッターを挿しはしましたが、結果的に振幅を圧縮する必要はありませんでした。
今回の曲は、単純に2mixの音量を上げただけの仕上げになっています。

サビでピークがリミッターにガンガン当たるような楽曲の音量設定は、とても単純です。
基本的に、上がるだけ上げれば良いからです。
じゃあ、こういう凹凸が少なくて静かな曲、上げようと思えばいくらでもデカい音になる曲は、どうやって音量感を決めたら良いでしょうか。
大きければ大きいほど良いのでしょうか。

・・・という問いに対して、例えばRMS読みでナンボが正解とかいうような、そういう単純な解は無いと思ってます。
が、考え方として、「聴く人がなるべく聴きやすいように」というのはありますね。
僕の場合は、サンクラにUPしている他の楽曲との兼ね合いで音量を決めています。
公開している曲を順繰りに再生したとき、ダイナミックな曲はダイナミックに聴こえるように、静かな曲は静かに聴こえるように。
そうすれば、僕の楽曲を聴きに来てくれる人は急にデカい音が鳴って慌ててボリュームを落としたり、次の曲が聴きにくくてまた音量を上げたりとかしなくて良いわけです。
こういうのを、僕は「スケール感を合わせる」という言い方をしています。

そう考えると、プレイリストの中で「静かな曲」は、同じプレイリスト上の「ダイナミックな曲」よりも静かでなければならないことになります(なんか当たり前ですね)。
僕の作る「ダイナミックな曲」はリミッター都合で音量が決まっているので、その曲に対して「静かな曲」をどれくらい静かにしたいかで音量を決めれば良いという考え方になります。

やり方ですが、まず、スケール感を合わせたい曲どうしは同じリファレンスを使ってマスタリングをします。
そして、リファレンスの音量レンジを例えば6段階としたときに、合わせようとする自分の曲がどれくらいのレンジに相当するのかというのを意識します。
「ダイナミックな曲」が1~6までフルレンジ使っているのに対して、今回のこの曲は1~3、瞬間的に4とすることにしました(つって、全体的にキモチ大きめにしたんですが)。
こうすることで、複数曲の間でスケール感が揃えられるという算段です。

まあ、こうしたことを明確に意識したのもここ2年くらいのことですし、ジャンルによっては別のリファレンスを使ったりもするので、サンクラに上げている僕の曲は音量感かなりバラついてるんですけども。
昨年のM3秋で頒布した空想四季なんかは、アルバム化に際して上に書いたようなことをやりました。
そういえば、M3 2016秋の受付がもう始まってますね~。
早いもんだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一譲 計

Author:一譲 計
FL使いのDTMer。テンションが上がると音圧が下がります。
空想的・幻想的なモチーフが好き。オーケストラを多用します。
デジタルお絵描き初心者です。2015年の暮れから練習を始めました。
楽曲はWebサイトからご案内しております。

banner